グリーンスムージーの正しい飲み方作り方

健康ブームの影響もあり、今や様々な雑誌やテレビなどにより健康食の話題を耳にします。

 

ローフードもそんな健康食の一つなのですが、これは健康食と言うよりは健康的な食べ方を提唱するもので、食物の中に含まれるビタミンやミネラル、食物酵素を熱で死滅させてしまわないように、焼いたり湯がいたりせず生のままで食べる物を言います。

 
元々サラダで食べられる野菜などは、なるべく火を使わずに低速のジューサーでジュースにしたり、そのままでは食べづらい食材は48度以下のお湯で調理をして食べる方法が良いとされており、加熱していない食材には、植物が持っている有効成分が生きていると言います。

 

新陳代謝を助け、血行をよくして病気にかかりにくくしたり、体を酸化や老化から守ってくれる働きをしているのです。

 
これらの健康と美容の効果を期待して、生でも美味しく食べられる調理方法が考えられています。

 

町には健康志向のレストランも増えつつあり、生食を中心としたサラダ感覚の巻き寿司や、ミート系の食材をサラダに少量まぶしてサラダを主菜として食べられるメニュー等があります。

 

サラダだけではベジタリアンになるし味気ないので、いくら健康の為とは言え続けられないものです。

 

そこで、少量でも濃厚な味付けのお肉をプラスして、その味付けで野菜を沢山食べよう言うアイデアです。

コメント