グリーンスムージーの正しい飲み方作り方

近頃、食べ物に含まれる酵素や栄養素を最大限に取り入れるために48度以下で調理をするというローフードが、健康志向派の間でブームになっています。

 

48度以下で調理なんて聞くと、非常に手間がかかって面倒な気がしますが、意外と簡単にできる方法があります。それがスムージーです。

 
生の緑の葉野菜、果物と水をブレンダーに入れるだけで、スムージーは完成します。

 

緑の野菜というと、どうしても青汁のイメージで、美味しくないように思われますが、実はそうでもありません。

 

フルーツの味で美味しくいただけるのです。

 
このスムージーには効果的な飲み方があります。

 

それは、まずスムージーは単体で飲むこと、また、飲む前後40分間は何も飲食しないということです。

 

単体に関してのハードルは高くないですが、前後40分の件はちょっと難しいかもしれません。

 
そこで、朝食に緑のスムージーを摂ることで、この2つの課題を無理なくクリアできます。

 

食前は就寝中、食後は通勤時間と前後の時間が取れるのです。

 
朝食をコンビニのおにぎりやパンなどで済ませているなら、一度こういった方法を試してみるのはどうでしょうか。

 

緑のスムージーは、野菜と果物の栄養素を手軽に美味しくいただける、最高の方法です。

コメント