グリーンスムージーの正しい飲み方作り方

芸能人やモデルが健康と美容のために行っている習慣は、雑誌のインタビューで目にしたり、メディアを通して情報を得ることができます。

 

美意識が高く、いつもきれいな芸能人やモデルの姿は、憧れの存在です。どのようなスキンケアをしているかや、食生活など、美と健康の秘訣を知りたい人は多く、本人のブログで紹介されたり、雑誌などで取り上げられればその健康法が一気にブームとなることもあります。

 

そして、現在芸能人やモデルが、朝食代わりや、間食の代わりとして飲んでることで一般にも広まったのが、葉物野菜と果物を使ったスムージードリンクです。

 

東京都内では、葉物野菜のスムージーを取り扱う店舗もあり、出勤前やティータイムに手軽に飲むことができ、人気となっています。まだまだ店舗数は少ないので、手作りすることがおすすめです。

 

作り方は簡単で、好きな野菜と果物、水があれば、あとはミキサーやブレンダーにかけてスムージー状にすれば出来上がりです。

 

好きな野菜といっても、でんぷん質の多いブロッコリーやじゃがいも、にんじんなどの根菜はスムージーには向きません。

 

腸内でガスがたまりやすい為です。また、緑の薄い野菜であるキャベツや白菜もクロロフィルが少ないので、向いていない野菜です。

 

スムージーに使用するのに向いているものは、緑の強い葉物野菜です。ほうれん草、小松菜はよく使われています。

 

また、ちんげんさいやモロヘイヤなど、野菜の旬や期待できる効能で選んでも良いです。根菜である、にんじんの実はスムージーには向きませんが、葉っぱの部分はスムージーに使えます。

 

毎日の習慣に取り入れて美と健康を手にいれましょう。

コメント